東京スイミングセンター招待に出場

11/21~23に、
第41回東京スイミングセンタージュニア優秀選手招待公認記録会
略して
トウスイ招待
に参加してきました。
b0186230_1103197.jpg

この大会の特色は、ジュニア選手が、日本(や世界)のトップスイマーと同じ大会に参加できるということ。
今回は、あの北島康介選手も参加(東京SCは北島選手の出身クラブです)。北京でのライバルだった、アレクサンダー・ダーレ・オーエン選手(ノルウェー)も!その他にも日本のトップ選手がたくさん参加していました。
なかなかこんな機会はないです。
レースをみるいつもと違うみんなの背中。
b0186230_1181937.jpg

控え場所でも、世界水泳に出場したり、日本選手権を争ったりするようなすごい選手が、すぐ隣の場所でリラックスしていたりします。

なので・・・
b0186230_111437.jpg

サインもいただきました。(一番左は北島選手の師、平井コーチ?)

そして・・・
b0186230_1131161.jpg

豚汁パーティーの図(レース後)。
なんで水泳の試合で豚汁?

それは・・・。
b0186230_1135233.jpg

選手控え場所が、外だからです。
寒さが豚汁のうまさを引き立てます。
いつもの笠松はすごくいい環境だということがわかりますね。
でも今回だってテントはあるし毛布もあるし、十分。

どんな環境でも力を出し切れるタフさ、前向きに対処できる適応力が大事!それが強い選手の条件の一つだと思います。

さて、レースは・・・?
「もうすこしです」という感じでした。
これはいつも選手にも言っていますが、スタート台に立つまでに、ほぼ勝負は決まってます。100%の自信をもってスタート台に立てるか、です。

いい練習が積めているときには、「あとはやってきたことを出すだけだ」、というこころもちでレースに臨めるでしょう。またそういうときは、レースが楽しみで仕方がないでしょう。
そういうふうに選手をレースに送り出すこと、それがコーチ陣の仕事です。今回はそれを100%やることができませんでした。

他には、普段の体調管理、レースへの意識付け、アップ・ダウンのしかた、食事や補食のとりかた、など、普段だと見えない課題が発見できましたし、普段は見えない選手の一面も見ることができました。
いい経験ができたので、これをこれからの冬のトレーニングに生かして、また選手と一緒にがんばっていきます。

ちなみに・・・
b0186230_1153882.jpg

出発は5時前、星がきれいでした072.gif
選手のみんな、保護者のみなさん、おつかれさまでした。

次は、県ジュニア選手権、これはチーム対抗戦です。がんばっていこう!
Where there is a will, there is a way.

投稿者:小野 淳

by lily-swimming | 2009-11-28 00:02 | 選手コース(Sクラス)

<< プールサイド見学週のお知らせ 進級テストの様子 >>