春の大会報告 北関東大会での成果(2013/06)

6/3、群馬で行われた北関東水泳競技大会(群馬、栃木、茨城三県対抗)。リリーSクラスから2名の選手が茨城県代表選手の一員として参加しました。

先だって行われた県予選の結果で選考が行われ、学童の部女子で菅谷夢選手、一般の部男子で渡辺凜選手が、茨城県代表選手として選考されました。学童女子は9名、一般男子は強豪筑波大学の選手を多数含む14名。チーム茨城に貢献すべく、全力を尽くしました。

この大会は、各種目各県2名の選手で行われる対抗戦となっています。各種目が1組しかないので、レース間が短く、その上出場種目数も複数プラスリレーなので、タフさが磨かれる大会でもあります。

そんな中、菅谷選手は200m個人メドレーで、得意の平泳ぎで追い上げるいいレースで大ベスト、2位。渡辺選手も200m平泳ぎでベストを更新し3位となるなど、チーム茨城に貢献しました。

普段は他チームの選手達と同じチームとして行動し、一緒にリレーを戦うなど、チーム茨城として戦ったことは、今後に向けていい経験となりました。また、筑波大の選手の試合への取り組みを身近で感じることができたのも、いい刺激となりました。渡辺選手は筑波大の選手に交じって、メドレーリレーの平泳ぎを泳ぐ機会を得ました。たくさんの憧れ、刺激、自信、新しい目標、新しい友達、チーム茨城への気持ち、色々なものを得られた大会となりました。
ホストチームである群馬のみなさん、チーム茨城の選手団の先生方、スタッフのみなさん、応援に駆け付けてくださった県内コーチのみなさん、ありがとうございました。

また茨城を代表しての大会に参加できるよう、今後も強くなっていきたいと思います。

投稿者:小野

by lily-swimming | 2013-06-15 00:03 | 選手コース(Sクラス)

<< わんぱく教室 魚釣り!! 春の大会報告 B級大会に参加し... >>